意図的に変な宗教と同一視させようとする人がある

北陸中日新聞(21年3月29日)を読んでいると、井上順孝國學院大學教授の記事が眼にとまりました。

「宗教情報を調べるということは、インターネットの使い方という技術上の問題で片付くわけではない。
その情報の質や背景といったものについての知識や洞察が必要になってくる。
情報リテラシー(情報を十分使いこなす能力)は、宗教について調べようとしたり、知ろうとしたりしたときにも重要な課題となる。

ネットで宗教情報を調べるとき、その教団情報を調べるとき、その教団のホームページ情報だけに頼ると、もっぱら肯定的な意見を集めることになる。
『2ちゃんねる』に代表される掲示板サイトに依存すると、否定的な意見に傾くかもしれない。」
「一つの意見に従うだけでは深い考察にはいたれない。はっきりした賛否両論もある程度知らなければならない」

同時にこのような危惧を訴えていました。

「大学でもネット情報の使い方について教えなければ ならなくなってくる。
ところが、これが少なからぬ教員にとって、かなり困難な話になってくる。
というのも、ネット情報の利用については、しばしば学生たちの方がたけているからである。
年配の教員の中には、いまだに電子メールを使いこなせないという人がいて、そうなると教えるどころではなくなってくる」

これは当っていると思います。

どうどうと、ネット(しかも2ちゃんねる)を根拠として論じている人を見聞きしたことが何度もあり、そのたび唖然としました。
(今はもう、多すぎて唖然ともしなくなってしまいましたが)

大人が情報リテラシーを身につけねば、様々な混乱が起こります。

雑誌でも、ネットでも、人でも、そこから発せられる情報は正しいのか、なんらかの意図によって歪曲されているのか、見極める情報リテラシーが求められているのです。
(※情報リテラシーは高校の倫理の教科書にも出てくる言葉です)

実際、親鸞会は、過去50年以上の歴史において、違法行為を問われたことは一度もないにも関わらず、なぜか、違法行為で何度も問題になっている統一教会、摂理、オウムなどと同一視される傾向が
ありますが、なぜでしょうか?

意図的に同一視させようとする人があるからでしょう。

では、なぜ彼らは違法行為のある団体と親鸞会を同一視させようとしているのか。

本当の親鸞聖人の教えが明らかになると困る人たちがいるからです。

浄土真宗の教えは
「念仏称えていたら死んだら、だれでも極楽」
「葬式、法事によって先祖供養することが大事」
ほとんどの人がこのような理解ではないでしょうか?
そう教えてきた人たちが今も教えている。

しかし、

「ただ口にだにも南無阿弥陀仏と称ふれば助かるように皆人の思へり。それは覚束なきことなり」(御文章三帖)
「ただ声に出して念仏ばかりを称ふる人はおほようなり。それは極楽には往生せず」(御文章三帖)
「葬喪を一大事とすべきにあらず」(改邪鈔)

という“本当のこと”が広く知れわたると、偽装事件くらいで済まぬ大問題が白日のもとにされされてしまうのです。

だからそんな人たちは
「それだけは避けねばならない。
幸い、世の風潮は、新しく出来た宗教はカルトと思う傾向があるから、それらの団体と一緒の印象を与えておけばいい。
そう思わせることが出来る情報なら何でもいい、誰からでもいい」
となりふりかまわず必死です。

先日、日本の年間自殺者が11年連続で3万人を越えたという悲しいニュースが届けられました。
今こそ「生きる意味」「人生の目的」を明確にせねばならない時でしょう。

僧侶や知識人ならなおのことのはずです。

なのに、真面目に人生の問題に取り組んでいる人にまで
「カルトだ、反社会的宗教だ」
というのは、あまりにも宗教について無知というものであり、短絡的でひどい対応ではないでしょうか。

今一度、情報を見極め、正しく使いこなす情報リテラシーを身につける努力が必要だと思います。

No Comments

洗脳って?

ある夕方の一場面

「らっしゃい、らっしゃい!安いよ、安いよ~大特価セールだよー」
(何!大特価!?)
「今日限りの大特価セール、のがしちゃだめだよー!」
(何!今日限りなのか!)
「半額当たり前!1万円の品が3900円になってるよー」
(や、安い!)

と、品を手に取り
「これ下さい」

まあ、よくある風景ですね。

まったく買おうと思ってなくても「安い」「今日だけ」と聞くと心動くもの。

これを後になって
「洗脳だ!」
「マインド・コントロールだ!」

といって怒る人はないし、もしあれば、その人の方がちょっとと思われるのはでしょう。

ところが、現実にはもっとひどいことがあったりします。

と、いうのは
「何!仏教聞いてる!それは宗教だ!変だ!洗脳だ~!!」
という人。

仏教に何が教えられているかも尋ねず、どんな形で学んでいるかも知らず、ただ「仏教」というだけで、これでは、ちょっと?・・・、ね。

実際に、こういう方とあって、ゆっくりと話を聞いてみました。

最初、興奮ぎみだったこの方も少しずつ落ち着いてこられると、ご自身で
「仏教」→「宗教」→「変」→「洗脳」
という単純なイメージを抱いていたことが分かりました。

よくお聞きすると、その方の家も浄土真宗。
「いやー振り返ってみると、全く勉強してきませんでしたなー」
と反省をこめた感想を述べられました。

 

実際、仏教を褒め称えている人は古今東西に数多くあります。

聖徳太子
小林一茶
稲盛和夫
アインシュタイン
ニーチェ
ハイデッガー
西田幾多郎
田辺元
三木清
ショーペンハウエル
H・G・ウェルズ
アーサー・C・クラーク
ヘルマン・ヘッセ
J・D・サリンジャー
エドワード・サイデンステッカー
ロマン・ロラン
などなど、もっともっとです!

※こちらのサイトに詳しいようです。
http://meaning.main.jp/

 

もし、仏教=変な宗教=危険な集団 なら、日本に仏教を広められた聖徳太子は、悪の親玉になってしまいますね(汗)

人が何かに影響を受けて心き、行動するのは当たり前のことで、問題は内容でしょう。

マインドコントロールに関する本を読んで、すっかり信じ込んでしまうのもマインドコントロールされてるからです。
もうちょっとしっかりお勉強してね、と言いたくなります。

誤った思い込みでは、とんでもない恥をかいたり、もっと大変なことにもなりますから、ね。

No Comments

結論をいえ結論をいえ、と言うけれど

ある日のこと

「ちょっとお話があるんですけど」

「なに?」

「何で最初から結論をいわないんですか?」

「結論って一向専念無量寿仏のこと?」

「そうです。それが結論なんですから、あとは一切言う必要ないじゃないですか!

「えーと、それはひょっとして最初会った人に『こんにちは』の変わりに『一向専念無量寿仏』っていうことかな?」

「そうです!」(キッパリ)

「そしたら、講演の時も最初から最後まで延々と『一向専念無量寿仏』と繰り返すってことかな?」

「そうです!」(キッパリ)

 これ、驚くべきことに実話なんですねー。

 

 皆さんは、どう思われますでしょうか?
 それとも「一向専念無量寿仏」という仏教の結論だけを言って誰にでも分かってもらえるなら、お釈迦様が45年間説かれた一切経は不要になるでしょう。

 

 私は相手の方に喜んでいただけるようにと思って仏教の話をするように心がけています。

 そうすると、まだ仏教をよく学んでおられない方に、どうしたら分かりやすく伝えることが出来るだろうか、教えを曲げずに、胸に届くようにするには、どのような例を出してどういう順番で話たらいいだろう、と悩みますし、研究をします。

 どの道でもそうではないでしょうか?

 

 野球でも、はじめからホームランを打つことはできませんし、バッタバッタと三振に打ち取ることも出来ません。
 だから、素振りとか、キャッチボールをするのでしょう。

 監督がいきなり「ホームランを打て」というサインを出して、皆それを実行できるなら誰も苦労はしませんね。

 大学の授業でも教授に「1回目の授業で結論いって下さい。それで単位ください」という学生がいたら、どうでしょう?

 何事も手っ取り早く手に入れたい、というのは人間の本音かもしれませんが、現実はそんなに甘くない!のでは。

 

 すぐに結論だけを言わないのは、意地悪ではなくて、逆に、相手の幸せを念じてのことなのです。

 わかって欲しいものです、このココロ☆

No Comments